1. HOME
  2. 未分類
  3. 髪型のオーダーで「少し短く」と言われたときの捉え方
未分類

髪型のオーダーで「少し短く」と言われたときの捉え方

未分類

11

今回は髪型のオーダーを受けた時にお客さんから「少し短く」と言われた時の僕たちの捉え方についてお話ししていきたいと思う

あなたはお客さんから「少し短く」とオーダーされた時どう捉える

僕は二通りの捉え方があると思っている

1つ目は今より少し短くすると言う事

2つ目は日ごろの髪型よりも少し短くと言う事

この2つの捉え方のうちどちらを取るかによって今日の髪型は大きく変わってくると思う

ではどちらの方が正解なのかその答えを知っているのはお客さんです。お客さんに伝わりやすく聞くのが1番です

どう聞くのかと言うと単純に「今よりも短くしたいのかそれともここ最近の髪型よりも短くしたいのか」この会話こそがカウンセリングで最も大切なことになります

全ての人が言葉うまく話せるわけではなく、日本語と言う難しい言葉をうまく扱える人はとても少ないと思います。だからこそ会話(コミニケーション)が大切になってきます

機械にはできない生身の僕らだからできることをやることが大切です

今回のように施術に入る前にしっかりとお客さんと仕上がりのイメージ共有を言葉でできるくらいのコミュニケーション能力を見つけて行こう

身につけ方は簡単

自己中心にならずに他者中心の生活をしてみよう

*自己中心とは…自分以外の視点を正確に想定・理解することができないことである。

ちなみに今回の髪型に関しては、トップの髪の長さはほとんど変えずに毛量を少なくした髪型にしました

お客さんがなんで髪の長さを短くしたくなかったのか?

弱の言い方をすればどの部分を長くしたかったのか?

他の捉え方ではどんな髪型を求めていたのか?

人がする仕事だからこそマニュアルなんて一つもない一人一人に密に接する仕事を心がけて下さい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。